看護師の転職時における小論文作成とその提出

MENU

看護師の転職時における小論文作成とその提出

看護師の転職時における小論文作成とその提出

看護師などが転職を行う際には、その就労を希望するところから採用試験で、小論文を課される場合があります。

 

この小論文では、作文ではありませんから必ず結論が最初に来ます。その結論に至るように起承転結を考えていかなくてはいけません。通常の場合はナースの転職ですから、医療や介護などに関係する事柄について課されます。

 

たとえば、診療報酬の今後の見通しと健康保険料、社会福祉特に生活保護との関係性を問われたりであるとか、あるいは介護保険事業における今後の見通し等です。いずれも今まで仕事をしてきた中での経験談も含めて回答をすればいいでしょう。

 

看護師求人の際に求められる小論文の主旨

 

問題なのは、医療にせよ介護にせよ、そうした知識を持っていてこれから働くに際してどう役立てていくのかを問われたときです。実際にやってみなければ分からないという問題はあるでしょう。しかしながら、何かしらの回答を求めてきている以上、それに対する自身の考えはしっかりと伝えなければいけません。

 

特にこれから働く医療機関、介護保険関係事務所では求められる人材像をつかみたいという趣旨で課す場合があります。このときには小論文という体裁そのものよりも内容を問われている場合が多く、雇用したい側の人材と違っていれば、採用されることはありません。

 

ここが非常に難しいところで、公平性の問題もあるのですが、何がダメだったのかを採用しようとする側が公表することはまずなく、たとえハローワークなどの紹介で応募したとしても、採用しようとしたところからの回答は無難な内容に落ち着いているわけです。たとえば、人材が求めているレベルに達していなかったであるとか、試験点数が基準に満たなかった等の理由ですので、ハローワークなどもそれ以上は何も言わないでしょう。考えるだけ時間の無駄になってしまいます。

 

もし、その求人を出しているところに採用をどうしてもされたいと思う場合には、事前にその医療機関等の採用情報を仕入れる必要があります。特に正社員としての働きを希望する場合には、その法人等の代表者の考え方をよく理解し、その上で試験に臨む覚悟が必要です。

 

可能であれば、大きい法人の場合にあっては、過去に採用された人とコンタクトが取れればそれが一番です。試験内容を漏らしてもらうわけでは無く、むしろその法人等で採用試験がどうだったのか、また現在の医療や介護、福祉などへの考えについて、どう思っているのかなどを尋ねるのがよいでしょう。

 

そのことは法人の基本理念などに現れている場合もあり、こうした視点で試験が作成される場合があるのです。過去の経験者も同じような試験を受けている可能性が高いため、知り合いがいればその人に、仮にいなくてもたとえば事務長などのような人に法人の理念などの基本情報は聞いておくことが大事です。

 

介護保険法が施行されてから15年以上が経過し、様々な事業形態が出来てきています。こうした情勢の中で看護師の役割も多様化が進んでいます。また、介護と医療の連携はかつてないほど重要視されていますので、今後もこの傾向を踏まえて進んでいくとみられています。

 

看護師求人の際の小論文で日頃から出来る対策

 

求められる人材として見てもらえるようにしっかりと記載をするのはもちろんですが、それ以外にも常日頃から介護や福祉、そして医療の変化に敏感にならなければいけません。法改正は小規模なものは2年に一度、大規模なものは5年に一度行われ、頻繁に改正がされるものです。

 

国、厚生労働省、財務省などの予算関係では、よく新聞やニュースなどでも取り上げられていますから、こうした時事ネタ、情報にもよく接しておくことで、自分の考えを持っておくことも有効です。

 

更にこれからの日本では、少子化と高齢化が急速に進んでいきます。したがって、そのための福祉と医療は欠かせません。この視点での考えも日頃から仕事をする中で持っておく必要があります。改善出来る点は何かなどの視点も重要です。

 

こうした常日頃からの考え方を転職時などに自分の意見としてまとめることが出来るかどうか、このことが問われます。ニュースでたとえば福祉が充実するとなれば、その裏付けとなる財源は何かであるとか、介護保険でも特別養護老人ホームが要介護3以上に変更になり、ますます施設から在宅へとシフトする傾向にありますので、その点について在宅医療や在宅介護がますます必要になっていくといったことなども考えておいて損はありません。

 

仕事をしていく中で疑問に思うことも多いでしょう。こうした視点と絡めて考え方を深くしておくことは、後々試験時において非常に役立ちます。突然時事関係も絡めたようなものについて述べよといわれても、通常は戸惑います。

 

したがって、戸惑ったりしないで済むように日頃から訓練をしておくわけです。考え方をまとめることでも構いませんし、あるいはこうしてくれればいいのにといったような希望でもよいでしょう。財務省や厚生労働省の考え方や財政問題なども思索を深めるのに非常に重要なものです。

 

 


関連ページ

看護師転職サイトのランキングや口コミは参考までに
転職をする際には、様々な情報を調べ参考にするかと思いますが、その情報収集の対象にランキングや口コミなどもあるかと思います。この看護師転職サイトのランキングや口コミは参考程度に留め、盲信しないほうが良い理由などを解説しています。
看護師が転職時に受ける面接
看護師はその激務から、転職を考え、実行する人も多い職種とも言われています。看護師が転職するときに受ける面接の内容やその対策、気をつけたいポイントなどを解説しています。
看護師が転職に失敗しないために
看護師は、業務が責任が大きく厳しいという特性から、転職も多いと言われています。そんな看護師が転職時に失敗しないために押さえておきたいポイントなどについてわかりやすく解説しています。
看護師転職フェアで優良求人を見つけるには
医療業界、企業が自社を説明する転職フェアをご存知ですか?転職していないけど方向性が定まらないという方が進路を絞るのに有効な看護師転職フェアについて解説しています。
看護師のクリニックへの転職と処遇
大型の総合病院ではなく、個人が営むような小規模の診療所には職場としてどんな特徴があるの?ここでは、看護師が小規模なクリニックに転職した場合の処遇や条件などがどのようなものなのかについて解説しています。
看護師が転職で成功を導くには
比較的転職のニーズが高いと言われている看護師ですが、それでも前の職場より悪かった…なんて転職は絶対にしたくない!看護師が転職してよかった!と思えるように成功に導くために押さえておきたいことについて解説しています。
看護師がスムーズに転職する方法
転職をする際にも、業務が忙しかったり、転職の手続きだけでもかなり多くの作業があって難しかったりしますよね。そんな忙しい看護師でもスムーズに転職出来るような、転職を成功させる心構えなどを解説しています。
看護師の転職にはエージェントを活用しよう
看護師は忙しい仕事だけに、転職を考える場面も多いですが、転職の手続きをする時間もとれない…というケースも多いですよね。そんな多忙な看護師でも転職の手続きが大きく減らせる事ができる、看護師求人サイトのエージェントの活用について解説しています。
看護師が転職するならお祝い金をもらえるところで
これを知らずに転職するなんて、数万円の損をしていた!?そうなる前に伝えておきます!看護師求人サイトの活用でもらえる転職お祝い金について解説しています。
看護師の転職で大切なことって?魅力的な自己prを作ろう!
看護師は転職にも有利と言われるくらい慢性的案人手不足ですが、それでもよく考えないと転職に失敗してしまうことも起こりえます。そんな失敗をしてしまわないために、転職で大事な心構えや具体的な方法について解説しています。
美容クリニックの看護師の仕事内容と転職ポイント
看護師も女性ですから美容には興味ありますよね!美容にうるさい看護師におすすめ?美容クリニックにおける看護師の仕事内容と転職時に気をつけたいポイントについて解説しています。
看護師転職で給料アップをするためには
転職はしてみたものの、前の職場より給料が下がった、待遇が悪い…なんて出来れば避けたい事態ですよね。看護師転職で前の職場より給料アップできるような転職が出来るためのポイントについて解説しています。
看護師の転職面接でおすすめの服装
看護師の転職で失敗しないためには、押さえておきたいポイントもいろいろあります。ここでは、転職を有利にすすめるために知っておきたい面接時におすすめの服装について解説しています。
看護師の転職説明会に参加してみる
看護師は転職を有利にすすめるために、いろいろな情報にアンテナを貼っておくことも重要なポイントです。ここでは、看護師の転職説明会への参加とその意義についてわかりやすく解説しています。
大阪で看護師が転職活動する時のポイント
看護師は転職を有利に進めるためには、地域の特性などを把握しておくことも重要なポイントとなります。ここでは、大阪における看護師転職で押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
福岡で看護師が転職する時の3つのポイント
それぞれの地域で、看護師の転職の際にもその特性を考慮しておくと有利に進めることもアリますよね。ここでは、福岡で看護師が転職を成功させるために押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。