看護師のクリニックへの転職と処遇

MENU

看護師のクリニックへの転職と処遇

看護師のクリニックへの転職と処遇

看護師は今や様々な分野での就労がなされる職種です。かつては医療機関すなわち病院か診療所しかありませんでした。ところが、平成12年4月の介護保険法の施行以降、介護の事業所での活躍の場が与えられ、重要な役割を担うようになってきています。一見、介護保険の事業所なのにナースが働くということも珍しくありません

 

たとえば介護老人福祉施設、特別養護老人ホームすなわち特養であるとか、あるいは通所介護デイサービスのことですが、ここでもナースの配置が求められています。介護の事業所が一気に新設されたため、あちこちで人材不足が顕著になってしまったわけです。

 

人材不足になれば当然ながら、賃金等の処遇改善を図らなければ人は集まりません。また、介護保険だけでは無く、障害者自立支援法、後に障害者総合支援法に変わりましたが、この法律でも看護師の重要性が問われています。

 

医療業界やその他で看護師は人材不足

 

こうした医療だけではない介護や障害者への支援の場で求められる一方で、現場での人材不足も問題になっています。処遇がいいところ、また働きやすい環境のところに人材が集中している状況です。それは医療機関とて例外ではありません。

 

むしろ、医療機関も介護保険等に参入してきているので、余計に人材不足に拍車がかかってしまっています。医療機関が介護保険に参入するのは、介護保険制度下においても医療関係の事業所が認められているからです。すなわち、在宅医療である訪問診療や往診を医療機関が行ったりする一方で、医師が対応しなくてもナースだけでの対応が可能という訪問看護事業がその代表格になっています。

 

訪問看護は、医療機関以外でも民間企業などが訪問看護ステーションを立ち上げ、働くようになっています。民間企業の場合は訪問看護師などが常勤換算方式で2.5人以上いなければならないという基準が存在しますので、2.5人以上のナースなどの確保は非常に厳しい場合があり得ます。その確保のためには処遇改善が必須というわけです。ただ、処遇改善だけでは無くやりがいや働き方そのものに見直しを行う人もいます。

 

たとえば賃金が多い代わりに重労働でもいいという人もいれば、賃金はそこそこでもいいけれども定時退勤が認められるところがいい、あるいは正社員で無くパートなどで短時間の労働がしたいなどの人それぞれ様々な要請がありますから、その働き方に対応が出来る人材が必須なわけです。

 

こうした中でクリニックすなわち診療所への転職については、かつてのようにそこしか働けない、という状態ではありません。したがって、そのクリニックの評判がよくなければ、そもそも応募しようという人はいないでしょう。

 

医療機関、クリニックとはいえども選ばれる時代になってきているのです。その意識が無ければ、ナースの応募は覚束ないでしょう。人材を集めるためには、相応に求人の条件の提示などでしっかりと好条件を見せなければなりませんし、実際にその通りでないと転職されてしまいます。その医療機関でなければならない理由が、ナース側にはないからです。むしろ働き方を選べるようなところを探す人も増えました。

 

看護師のいろいろな働き方のカタチ

 

訪問診療や往診といった在宅医療でも、患者宅に赴く際には医師一人ということはまずありません。一般的にはナースが同行し、医療に当たるものです。

 

そのときの状況をよく知るということで、そのナースがその後の訪問看護を担当したりする場合もあり得ます。患者やその家族からは、見知った医療従事者の方が安心出来るからです。このように、介護でも医療でも働く場が急速に増加した結果、毎年ナースになる人がいる一方で、現場での人材不足感は強い現況です。

 

また、訪問看護ではナースが通常一人で医療の補助行為に当たります。褥瘡すなわち床ずれの対応であったり、あるいは医師から特に指示された治療の補助行為を行ったりしていきます。医師への報告も欠かせません。

 

医療機関との連携は当たり前ですが、介護保険の利用者に対しても、ケアプランの作成を行ったケアマネジャーに対して報告を行う必要があります。また反対に、ケアマネジャーから要請があって、ケアカンファレンスすなわちサービス担当者会議への出席が必要になるケースもあったりしますので、それだけ多忙さが増している状態です。

 

ナースからこのケアマネジャーに転職をする人もいます。ナースからの受験では、一部の試験科目が免除されたりしますので、その分だけ受験が楽であり合格が目指しやすいというメリットがあるためです。すなわち、ナースを基にしてさらに知識や経験の幅を広げ、違う世界ので働き方を模索する人も増えました。そうした中で人材不足感が強まった背景も存在するのです。

 

このように、ナースが働く環境が年々変わっていく中で、応募してもらう側も真剣に考えなければ、廃業しなければならないところも出てくるでしょう。いかにして人材確保を行っていくのかが問われる時代になっています。


関連ページ

看護師転職サイトのランキングや口コミは参考までに
転職をする際には、様々な情報を調べ参考にするかと思いますが、その情報収集の対象にランキングや口コミなどもあるかと思います。この看護師転職サイトのランキングや口コミは参考程度に留め、盲信しないほうが良い理由などを解説しています。
看護師が転職時に受ける面接
看護師はその激務から、転職を考え、実行する人も多い職種とも言われています。看護師が転職するときに受ける面接の内容やその対策、気をつけたいポイントなどを解説しています。
看護師が転職に失敗しないために
看護師は、業務が責任が大きく厳しいという特性から、転職も多いと言われています。そんな看護師が転職時に失敗しないために押さえておきたいポイントなどについてわかりやすく解説しています。
看護師転職フェアで優良求人を見つけるには
医療業界、企業が自社を説明する転職フェアをご存知ですか?転職していないけど方向性が定まらないという方が進路を絞るのに有効な看護師転職フェアについて解説しています。
看護師が転職で成功を導くには
比較的転職のニーズが高いと言われている看護師ですが、それでも前の職場より悪かった…なんて転職は絶対にしたくない!看護師が転職してよかった!と思えるように成功に導くために押さえておきたいことについて解説しています。
看護師がスムーズに転職する方法
転職をする際にも、業務が忙しかったり、転職の手続きだけでもかなり多くの作業があって難しかったりしますよね。そんな忙しい看護師でもスムーズに転職出来るような、転職を成功させる心構えなどを解説しています。
看護師の転職にはエージェントを活用しよう
看護師は忙しい仕事だけに、転職を考える場面も多いですが、転職の手続きをする時間もとれない…というケースも多いですよね。そんな多忙な看護師でも転職の手続きが大きく減らせる事ができる、看護師求人サイトのエージェントの活用について解説しています。
看護師が転職するならお祝い金をもらえるところで
これを知らずに転職するなんて、数万円の損をしていた!?そうなる前に伝えておきます!看護師求人サイトの活用でもらえる転職お祝い金について解説しています。
看護師の転職で大切なことって?魅力的な自己prを作ろう!
看護師は転職にも有利と言われるくらい慢性的案人手不足ですが、それでもよく考えないと転職に失敗してしまうことも起こりえます。そんな失敗をしてしまわないために、転職で大事な心構えや具体的な方法について解説しています。
美容クリニックの看護師の仕事内容と転職ポイント
看護師も女性ですから美容には興味ありますよね!美容にうるさい看護師におすすめ?美容クリニックにおける看護師の仕事内容と転職時に気をつけたいポイントについて解説しています。
看護師転職で給料アップをするためには
転職はしてみたものの、前の職場より給料が下がった、待遇が悪い…なんて出来れば避けたい事態ですよね。看護師転職で前の職場より給料アップできるような転職が出来るためのポイントについて解説しています。
看護師の転職時における小論文作成とその提出
看護師の転職時には、これを求められる場合もあるので、出来れば準備しておきたい。看護師の転職時における小論文作成とその提出のケースについて解説しています。
看護師の転職面接でおすすめの服装
看護師の転職で失敗しないためには、押さえておきたいポイントもいろいろあります。ここでは、転職を有利にすすめるために知っておきたい面接時におすすめの服装について解説しています。
看護師の転職説明会に参加してみる
看護師は転職を有利にすすめるために、いろいろな情報にアンテナを貼っておくことも重要なポイントです。ここでは、看護師の転職説明会への参加とその意義についてわかりやすく解説しています。
大阪で看護師が転職活動する時のポイント
看護師は転職を有利に進めるためには、地域の特性などを把握しておくことも重要なポイントとなります。ここでは、大阪における看護師転職で押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
福岡で看護師が転職する時の3つのポイント
それぞれの地域で、看護師の転職の際にもその特性を考慮しておくと有利に進めることもアリますよね。ここでは、福岡で看護師が転職を成功させるために押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。