看護師の転職のタイミングについて

MENU

看護師の転職のタイミングについて

看護師の転職のタイミングについて

どんな職業の人であっても、他の職場だったらどのように働けるのだろう、違うところで働いてみたいなと感じることはあるでしょう。看護師が職場を変えることを考えるきっかけとしては、結婚や妊娠、出産などのライフスタイルに変化があった時や、スキルアップを考えた時、人間関係に悩みを持った時などがあげられるのではないでしょうか。

 

しかし、実際に職場を変える決意をした時に、どの時期に良い求人があるのか、この時期ではボーナスの査定に響くのではないかなど、時期に悩む人が多く見られます。そこで今回は、看護師の転職のタイミングについてご紹介いたします。

 

看護師の転職をするタイミングについて

 

まず看護の仕事の求人が増える時期は、年に4回の波があると言われています。その時期としては、まず3月から4月の年度の変わり目、7月のボーナス支給後、9月から10月の期の変わり目、そして最後に12月の冬のボーナス支給後があげられます。

 

3月から4月の年度の変わり目に求人が増える理由としては、一番人事が動く時期であることがいえます。新卒の入職も多いことから、この時期に合わせることで一緒に研修を受けることができます。また病院や医療機関などの採用する側にとっても、人材の採用にある程度の投資ができる時期といえるでしょう。

 

次に7月のボーナス支給後に求人が増える理由です。その理由としては、年度の変わり目で退職を踏みとどまったけれどもやはり辞めたい、辞める前にボーナスはしっかりと受け取っておきたいという考えから、この時期には退職を希望する人が増えるのです。このような理由により人手不足となり、それを補う形で求人も増えるというわけです。

 

次に9月から10月の期の変わり目にあたる時期です。病院や医療機関の場合、9月から10月がちょうど年度の前期と後期の変わり目にあたります。この時期には後期の運営に向けて人員を強化したり、新規事業に向けた人員を確保しなければなりません。

 

これらの理由により、求人が増えると言われています。最後に12月の冬のボーナス支給後です。この時期は夏のボーナス支給時と同じように、ボーナスをきちんと受け取りたいという理由の他に、仕事を休んで少しゆっくりしてから4月の入社を狙いたいという理由により、年末で退職する人が増えるためと言われています。

 

企業側でも4月に向けての退職者が増えたり、思ったほど新卒の内定が決まらないなどの理由によって、多くの求人を出すようになるのです。この時期には、4月の入職を見込み、良い求人が出回る時期とも言えるのです。

 

これらのことを踏まえて、看護師にとって最も良い転職のタイミングとしては、ひとつめに求人が多くなる4つの時期のいずれかを狙うということがあげられます。現在の仕事や職場で、まだ少し頑張れるという人におすすめに時期といえます。

 

転職が活発になる時期における転職

 

求人が多くなる4つの時期に合わせることで、良い求人に出会うことができる可能性が高くなるでしょう。そのためには少しでも早くから準備をする必要があります。職場を変えたいと考える時期の3ヶ月ほど前から動き始めると、自分の条件に見合った希望の求人に出会える可能性が高くなります。しかし今の職場を一刻も早く辞めたいという人は、その時期を待たなくてもよいでしょう。

 

二つ目の時期として4月入職を見込んだ求人が多く出回る時期があげられます。新しいことにチャレンジしたいと考える人や、しばらく看護の仕事から離れていたブランクのある人は、この4月の時期がおすすめといえます。その理由としては、研修体制が整っていたり、研修内容が充実していることにあります。

 

一般的に4月に採用となる求人が増えてくるのは、11月の下旬から12月頃と言われています。この時期には無理であっても、せめて1月からは本格的に就職活動に入れるよう、準備を整えていく必要があるでしょう。

 

この時期には、4月の採用を希望する人も多くなってくる時期です。ライバルたちに負けないように、早めに活動を始めた方がよいといえます。求人が多いからと言ってのんびりしていると、良い求人からどんどん少なくなるので早めに行動に移すようにしましょう。

 

次にボーナスの算定期間のロスが少ない時期を狙うという方法があります。今の職場は辞めるけれども、ボーナスはしっかりと受け取ってから辞めたいという人の方が多いでしょう。

 

そのためにまずやるべきこととしてボーナスの支給規定を確認するようにしましょう。確認をせずに、職場をやめる旨を伝えてしまうと、ボーナスの支給額がガクンと落ちたり、ひどい場合には、まったくもらえないという可能性も出てきます。しかしボーナスにこだわりすぎることで、良い求人を失う可能性も高くなるので、注意しましょう。

 

職場をかえる良い時期は、個人の状況や理由によっても異なってきます。どの時期にもいえることは、早めに行動することが大切だということです。早め早めの行動を頭に入れておきましょう。

 


関連ページ

看護師が転職時に抱える悩み
看護師は夜勤の多さや職業独特の責任の大きさから、転職も多い職業でもあります。そんな看護師の転職の際に、良く看護師が抱えがちな悩みについて詳しく解説しています。
看護師は医療系の他職種に比較的容易に転職できる
看護師は悩みの多い職種でもありますし、それだけに転職も多いと言われています。別の病院へ看護師として就職するばかりでなく、医療系の多職種へも転職しやすいというその状況について説明しています。
看護師の転職とその希望先ランキング
看護師は命を扱うとも言えるような重大なプレッシャーを抱える仕事でもあります。そんな看護師が転職する際に、希望先となる順位をランキング形式で紹介しています。
看護師の転職回数はネックにならない
看護師という職業は、夜勤が多く給料は平均より高い場合が多いですが、業務のハードさから転職も多いです。しかし、そんな看護師の転職状況において、転職回数がネックになりずらいというその状況についてわかりやすく解説しています。
看護師が転職をする時は志望動機を明確にすることが大切
看護師は転職が多い職種でもありますが、また転職も成功しやすい職種とも言えます。そんな看護師が転職する際に、成功するためには、志望動機を明確にすることが大事であるということについて解説しています。
看護師が面接時に聞かれる転職理由
看護師は他の職業と比較しても転職が少ない業種ではありません。そんな看護師の転職時の面接において転職理由が聞かれがちなこととその背景などを解説しています。
看護師の転職に適した時期とは
看護師は業務のきつさなどから、転職も多い職業でもあります。このような職種特有の背景もありますが、その転職に適した時期もあり、この転職時期がどのような時期なのかなどを解説しています。