看護師が面接時に聞かれる転職理由

MENU

看護師が面接時に聞かれる転職理由

看護師が面接時に聞かれる転職理由

仕事をしている時にやりがいと満足感を感じながら働くことが出来れば、充実した毎日を送ることが出来ますし、仕事に行くのが楽しくなります。しかし毎朝仕事に行くのが嫌で起き上がれないほどになり、家からも出ることが出来なくなるほどであれば、深刻な状況といえるでしょう。

 

それほどまで追い込まれた状況なのであれば、転職を考えてみるようにし、状況を変えていく事です。あまりにも精神的に追い込まれてしまえば、今の仕事を続けていくどころか、次の仕事もすることが出来なくなってもいけませんので、早めに状況を変えていくようにしなくてはなりません。

 

看護師の仕事は精神的につらいこともたくさんあります。人と深く接しながらしていく仕事になりますので、心が元気でなければ患者を元気づけることもできませんので、自分らしく明るく接することが出来る職場を探すようにしましょう。

 

看護師が転職するときはこんなことを聞かれる

 

新しく職場を探して面接を受けるときには、必ずと言っていいほど聞かれることがあります。面接官としても、いい人を雇いたいと思うのは当然ですので、いろんな質問をされることになるでしょう。

 

いくら看護業界が人で不足だとはいっても、雇って後悔するような人材であれば雇わない方がいいからです。面接時に相手を納得させることが出来なければ雇ってもらうことはできませんので、質問に対してしっかりと受け答えが出来るようにしておくことが必要です。

 

必ず聞かれることとしては、なぜ職場を変えようと思ったのかというのがあるでしょう。その理由としては素直に答えられる問題に関しては素直に答えていく事です。例えば、夫の転勤によって働くことが出来なくなったとか、経営が悪化して閉院したために職を失ったということであれば、素直に伝えることが出来ます。

 

しかし上司と合わないとか人間関係に問題があったということは、素直に伝えにくいことになります。人間関係に問題があった場合には、本人に問題があると考えられる場合もありますので、雇ったとしてもまた何らかのトラブルが起きるのではないかと考えられてしまうことがあるのです。

 

そのため、いくら人間関係に問題があったとしてもそれに関してはあまり触れないようにしたほうがいいでしょう。だからといって嘘をつくようなことになれば、どこかでほころびが出てしまうこともありますので、嘘をついてはいけません。

 

転職理由を応えるときに押さえておくべきポイント

 

嘘にならないように他の理由を見つけて伝えるようにしたほうがいいでしょう。もしも短期で前職をやめていた場合には、その理由に関しても聞かれることになってしまうかもしれません。これに関しても伝えない方がいいものがあります。

 

例えば、経営方針について行けないとか、夜勤が多いといった点を挙げてしまうと、最初のリサーチ不足だったと考えられてしまう場合もあるでしょう。就職をする前にしっかりとその病院に関してリサーチをしておけば、そういったことは起きなかったと思われる場合もありますので、リサーチがうまくできない人と思われてしまうこともあるのです。

 

しかしそれを伝えた場合でも、伝え方によってはマイナスイメージを持たれることがなく、プラスに思ってもらえることもあります。例えば、自分のリサーチ不足が原因だったと素直に認め、そういった経験から学んだことも多かったと前向きに考えている姿勢を見せることによって、一気に好印象に変えていくことが出来ます。

 

ネガティブは発言で終わっていれば、そのま迄終わってしまいますが、ポジティブに考えていくことが出来る人だということが分かれば、一緒に仕事をしていきやすいと思われるようになるでしょう。

 

看護師の仕事はみんなで協力をしていかなければうまくこなしていくことが出来ません。伝達不足が原因で患者に迷惑をかけるようなことになったり、人間関係が壊れて無駄にストレスを抱え込むようになれば、職場全体の雰囲気が悪くなってしまいます。

 

そういったところからうまく現場が回らなくなってもいけませんので、採用担当者はその人がどんな人なのかをしっかりと見極めようとしているのです。この人であれば一緒に働いても大丈夫と思ってもらえるように、自分がどんな姿勢で挑んでいくかが大切です。

 

看護師として転職をするのであれば、リサーチ不足が起きてもいけませんので、病院の評判をしっかりと調べておくようにしましょう。態度のいスタッフが多いという評判が出ているとなると、一緒に働いてもうまくいくはずがありません。

 

一人の態度が悪いだけで患者からの評判が悪くなりますので、一緒にされたくないのであれば、そういった悪い評判のところでは働かないことです。もしもそのスタッフとうまく働くことが出来たとしても、患者が満足してくれないような病院で働くのはやりがいを感じることが出来なくなりますので、心からこの場所で働きたいと思える職場を探しましょう。そうすることで満足の行く看護をしてあげることもできるはずです。


関連ページ

看護師が転職時に抱える悩み
看護師は夜勤の多さや職業独特の責任の大きさから、転職も多い職業でもあります。そんな看護師の転職の際に、良く看護師が抱えがちな悩みについて詳しく解説しています。
看護師は医療系の他職種に比較的容易に転職できる
看護師は悩みの多い職種でもありますし、それだけに転職も多いと言われています。別の病院へ看護師として就職するばかりでなく、医療系の多職種へも転職しやすいというその状況について説明しています。
看護師の転職とその希望先ランキング
看護師は命を扱うとも言えるような重大なプレッシャーを抱える仕事でもあります。そんな看護師が転職する際に、希望先となる順位をランキング形式で紹介しています。
看護師の転職回数はネックにならない
看護師という職業は、夜勤が多く給料は平均より高い場合が多いですが、業務のハードさから転職も多いです。しかし、そんな看護師の転職状況において、転職回数がネックになりずらいというその状況についてわかりやすく解説しています。
看護師の転職のタイミングについて
看護師は一般的にはどういったときに転職を決断するものなの?ここでは良くありがちな看護師が転職するタイミングについて、有りがちなケースを解説していきす。
看護師が転職をする時は志望動機を明確にすることが大切
看護師は転職が多い職種でもありますが、また転職も成功しやすい職種とも言えます。そんな看護師が転職する際に、成功するためには、志望動機を明確にすることが大事であるということについて解説しています。
看護師の転職に適した時期とは
看護師は業務のきつさなどから、転職も多い職業でもあります。このような職種特有の背景もありますが、その転職に適した時期もあり、この転職時期がどのような時期なのかなどを解説しています。