看護師の転職回数はネックにならない

MENU

看護師の転職回数はネックにならない

看護師の転職回数はネックにならない

看護師の転職は、その回数などはほとんどネックになりません。むしろ、様々な看護関係の仕事をこなしてきたことで、その経験を買われることの方が多いです。したがって、転職時などにおいてかえって強みになってきます。

 

一般的にアルバイトやパートなどは、職歴とは見なさない風潮があります。しかしながら、ナースの場合はこれに当てはまりません。むしろ様々な仕事を資格を活かしての働きということで、プラスに働く場合の方が圧倒的に多いのが実態となっています。

 

看護師の職種特有の職歴のメリット

 

特に医療機関だけでは無く他の介護施設などでの経験など色々な職場を通じての働きは、その経験の豊富さにより大きくプラスに影響しがちです。むしろ医療機関、病院や診療所でしか働いていないことの方がマイナスになってしまうことが多いです。

 

これはなぜかというと、医療機関以外の介護の現場などを知らないということで、もしそうした職場への就労を希望する場合などには、改めて介護の実務などを学んでいかなければなりません。

 

特に介護保険制度は、その制度そのものが非常に複雑であり、制度改正が頻繁です。介護報酬の請求の仕方もさることながら、いわゆる訪問看護ステーションなどでも決められたことが多い状態です。

 

ケアマネジャーとの連携なども重要視されます。医療の知識だけではなく介護の知識なども要求されてくる社会なのです。すなわち、医療と介護といったように色々な職場での経験そのものが非常に重要なところとなっています。

 

正社員であろうとアルバイト、パートであろうと、そのナースとしての知識や経験を活かして仕事をしてきたことは、それがそのまま職務経歴書に記入出来るほど重要なものです。今までの経験などによってこれからの仕事に活かせるかもしれないという期待に変わります。

 

さらに、看護などの医療職からはステップアップにより、介護関係の資格特に多いのは介護支援専門員いわゆるケアマネジャーですが、資格取得にも有利に働きます。したがって、働く仕事が全く無駄にならないのがこの看護の仕事なのです。

 

無論、ナースとは全く関係が無い仕事の場合には、その限りではありません。しかしながら、全く別の分野で就労をするケースはそれほど多くはありませんし、むしろレアなケースです。よほど看護の仕事から離れたいと思っている場合などでしょう。

 

したがって、看護師としての資格を活かして経験を積んできた場合には、そこからさらにより色々な仕事にチャレンジ出来る土台があることはよく知っておくことが大事です。

 

また、ナースの資格から別の介護の仕事を行ってきた場合には、ケアマネジャーなどへのステップアップが図りやすいわけですが、介護の仕事も出来、かつ看護の仕事にも当然ながら詳しいとなると、介護の現場で非常に重宝されます。給料などにも反映されやすいでしょう。給料のアップなどはやりがいに繋がりますし、さらに介護の現場において下にも置かない待遇がなされたりします。

 

看護師としての介護の現場での経験

 

介護の現場では、通所介護事業所すなわちデイサービスなどで特に看護職が不足気味です。またデイサービスはいわゆるお泊まりデイサービス以外の場合は、日勤の時間帯が決まっています。

 

そのため、働きやすい環境にあるともいわれています。日勤だけの職場ですので夜勤が原則としてない点は、働く上でハードルが低く感じられやすいです。つまり、医療機関以外の介護の現場でも同じように働ける状態ですので、より労働条件が自分に合ったところで活躍をしていける時代になっています。

 

仮に医療機関で特に病院で夜勤がある場合などは、若いときにはいいかもしれませんが年齢をかさねるごとにしんどくなっていきます。徐々に日勤だけの職場を望む人が増えるのも無理からぬことです。そのときに、医療機関以外でも特に介護の現場でも働いたことのある経験者は、優遇されやすくなります

 

ましてやケアマネジャーの資格も持っていれば、鬼に金棒です。ケアプラン作成の視点で、看護の仕事も見られますし、またケアマネジャーとしての就労を求められることもあるでしょう。ましてやナースの立場の場合、主治医との連携がし易いというメリットもあります。

 

介護職からのケアマネジャー取得者は、なかなか主治医に対して意見を聞きに行くのが難しいことがありますが、ナースからのケアマネジャー資格者は、主治医側も医療の突っ込んだ話しをしても理解をしてもらいやすく、話しやすい面もあります。

 

すなわち、主治医側にとってもケアマネジャー側にとってもナースからの取得者の場合は、話しがスムーズに行きやすいわけです。これは非常に大きなメリットになり得ます。

 

医療と介護の連携が強くなっていく情勢ですので、医療の専門職である看護師が、ケアマネジャーなどの介護の資格を持つことが意味を大きく持っていきます。このことは、転職などでも受け入れる側がよく分かっていますので、職を変わった回数よりもその中身を問われることは知っておいて損はありません。


関連ページ

看護師が転職時に抱える悩み
看護師は夜勤の多さや職業独特の責任の大きさから、転職も多い職業でもあります。そんな看護師の転職の際に、良く看護師が抱えがちな悩みについて詳しく解説しています。
看護師は医療系の他職種に比較的容易に転職できる
看護師は悩みの多い職種でもありますし、それだけに転職も多いと言われています。別の病院へ看護師として就職するばかりでなく、医療系の多職種へも転職しやすいというその状況について説明しています。
看護師の転職とその希望先ランキング
看護師は命を扱うとも言えるような重大なプレッシャーを抱える仕事でもあります。そんな看護師が転職する際に、希望先となる順位をランキング形式で紹介しています。
看護師の転職のタイミングについて
看護師は一般的にはどういったときに転職を決断するものなの?ここでは良くありがちな看護師が転職するタイミングについて、有りがちなケースを解説していきす。
看護師が転職をする時は志望動機を明確にすることが大切
看護師は転職が多い職種でもありますが、また転職も成功しやすい職種とも言えます。そんな看護師が転職する際に、成功するためには、志望動機を明確にすることが大事であるということについて解説しています。
看護師が面接時に聞かれる転職理由
看護師は他の職業と比較しても転職が少ない業種ではありません。そんな看護師の転職時の面接において転職理由が聞かれがちなこととその背景などを解説しています。
看護師の転職に適した時期とは
看護師は業務のきつさなどから、転職も多い職業でもあります。このような職種特有の背景もありますが、その転職に適した時期もあり、この転職時期がどのような時期なのかなどを解説しています。