看護師が転職をする時は志望動機を明確にすることが大切

MENU

看護師が転職をする時は志望動機を明確にすることが大切

看護師が転職をする時は志望動機を明確にすることが大切

看護師の資格を取得し患者のために努力はしているものの、過酷な労働条件に耐えられず今の職場から転職したいと考える方は少なからずいるはずです。

 

また、女性ばかりの職場内で上司からの嫌がらせや同僚からのいじめなど人間関係で悩んでいる方もいます。一方で夢を持って仕事に就いたのに今の仕事では満足できず、もっと活躍したいと前向きに思っている人もいます。

 

看護師の転職時は志望動機をハッキリさせることが大事

 

職場を変えたいと思う人にはさまざまな要因があります。どのような仕事でもそうですが、転職したいと思っている人は、実態はともかく、新たな職場に入社する場合には、志望動機を明確にすることが大切です。

 

人間関係に困って新たな職場を見つけているという理由では、採用する企業側は採用することを躊躇してしまいます。なぜなら、どんな職場でも同様に人間関係の悩みなどは発生するので、自社でしっかり働いてくれるか否か不安に感じてしまうのです。

 

ですから、例えば今の診療科だけではなく、他の診療科での経験を重ねて、幅広い医療に携わるようにしたい、これまでの経験を活かして老人の介護や医療に貢献したいなどの前向きな志望動機を説明することが大切なのです。

 

看護師は、心身ともに過酷な環境で仕事をしなければなりません。職場によっては昼勤や夜勤などのシフト勤務もありますのでえ、規則正しい生活を送ることはできません。若い内は体力もありますのでまだ我慢できることもできるのですが、年配になりますと、体力不足から仕事が苦痛に思い始め、精神的にも病んでしまう場合もあるのです。

 

高齢化の影響もあり、病院に通院する人が多く人材不足の状態が慢性化しています。新たな職場を求めれば多くの選択肢はあるはずです。人として公私ともに健康であるべきですから、ご自身が無理なく勤務できる職場を見つけるように努力するとよろしいです。知り合いのつてでより良い職場を紹介してもらえるならば安心できます。

 

知り合いにお願いをして、職場の見学などをさせてもらうようにお願いするとよろしいです。また、今ではインターネットの求職サイトなどが充実していますので、あらゆる求人情報をご自身で確認し、満足できそうな職場があれば、応募してみるとよろしいです。

 

インターネットの看護師求人サイトを活用する

 

また、求職サイトによっては、エージェントと呼ばれる担当者がおり、仕事を移るためのあらゆる支援をしてくれるサービスもあります。無料で利用できることはもちろん、履歴書の書き方や職務経歴書の書き方、さらには面接での対応まで面倒を見てくれます。

 

今の職場から逃れたい一心ですぐに辞職してしまいますと、その後の収入がすぐに確保できません。生活に困ってしまうことになりますので、現職をしながら求職サイトのエージェントに新しい職場を見つけてもらうようにお願いするとよろしいです。

 

大切なことはエージェントに対しては、ご自身の希望をしっかり伝えることです。無理な希望でも構いません。洗いざらい全てを打ち明けることが必要です。そうすることで、ご自身が満足できる職場が見つかるはずです。

 

例えば昼勤だけで残業が少ないこと、入院施設のある病院などで勤務することは無理なこと、どのような仕事がしたいのかということをはっきり伝えるのです。資格を活かせる職場はさまざまです。医療機関はもちろん、企業の健康管理室、健康診断の補助業務などもあります。

 

また、最新の医療に携わりたいと考える人は、大学病院で医師や薬剤師とともに総合的な医療に貢献できる道もあります。医療の世界では、重篤な患者と向き合わなければならないこともありますし、その家族への配慮も必要です。

 

ご自身の能力を活かすためには、まず、過酷な労働条件に身を置くのではなく、プライベートのことも考えて新たな職場を見つける必要があるのです。頻繁に職場を変えることは、よろしくないことです。

 

職務経歴書などに複数の会社や職場を記入しなければならない状態になり、ストレス耐性が強くなく、どの職場でも長続きしないと思われてしまうからです。結婚や妊娠、育児などでどうしても職場を変えなくてはならない理由があれば良いのですが、そうでなければどの職場でもすぐに辞めてしまう人材だと判断されてしまいます。

 

転職するのは一度だけと考えて慎重に新たな職場を探すようにしなければなりません。そして、これまでの自分の経験を活かせるような職場で、やりがいがあると思える職場を探すことも大切です。

 

看護師の仕事は、医師や薬剤師と比べ、最も患者に近い立場であらゆるお世話をしなければなりません。とても大変ですし、責任重大です。だからこそご自身が健康であるべきなのです。職場を変えることは決して悪いことではなく、自分らしい生き方を追求するための良い方法だと考えることもできます。

 

立派な国家資格だと思いますので、患者のため介護が必要な人のために、長く仕事を続けられるようにあらゆる手段を講じるべきです。志望動機をしっかり考えてより良い職場で活躍できるように努力を惜しまないことが重要です。


関連ページ

看護師が転職時に抱える悩み
看護師は夜勤の多さや職業独特の責任の大きさから、転職も多い職業でもあります。そんな看護師の転職の際に、良く看護師が抱えがちな悩みについて詳しく解説しています。
看護師は医療系の他職種に比較的容易に転職できる
看護師は悩みの多い職種でもありますし、それだけに転職も多いと言われています。別の病院へ看護師として就職するばかりでなく、医療系の多職種へも転職しやすいというその状況について説明しています。
看護師の転職とその希望先ランキング
看護師は命を扱うとも言えるような重大なプレッシャーを抱える仕事でもあります。そんな看護師が転職する際に、希望先となる順位をランキング形式で紹介しています。
看護師の転職回数はネックにならない
看護師という職業は、夜勤が多く給料は平均より高い場合が多いですが、業務のハードさから転職も多いです。しかし、そんな看護師の転職状況において、転職回数がネックになりずらいというその状況についてわかりやすく解説しています。
看護師の転職のタイミングについて
看護師は一般的にはどういったときに転職を決断するものなの?ここでは良くありがちな看護師が転職するタイミングについて、有りがちなケースを解説していきす。
看護師が面接時に聞かれる転職理由
看護師は他の職業と比較しても転職が少ない業種ではありません。そんな看護師の転職時の面接において転職理由が聞かれがちなこととその背景などを解説しています。
看護師の転職に適した時期とは
看護師は業務のきつさなどから、転職も多い職業でもあります。このような職種特有の背景もありますが、その転職に適した時期もあり、この転職時期がどのような時期なのかなどを解説しています。