看護師は医療系の他職種に比較的容易に転職できる

MENU

看護師は医療系の他職種に比較的容易に転職できる

看護師は医療系の他職種に比較的容易に転職できる

看護師の仕事は医療系の他職種に転職できるメリットがあります。他の仕事だったら、他職種に移るのは難しいですが、この仕事の経験や知識は、医療系の他の仕事で生かすことができます。この仕事は負担の大きい面があります。

 

入院施設のある大きな病院で働いていたら、残業を担当しなければなりません。複雑な人間関係に悩む人もいます。肉体的な負担が大きいうえに、精神的な負担も大きくなったら、仕事が苦痛になる恐れがあります。そんな時は、他の分野に移ることを考えてみましょう。

 

治験コーディネーターへの転職を考えてる

 

比較的に簡単に見つけるのは、治験の仕事です。治験の仕事はいくつかあるのですが、その中で治験コーディネーターが、一番見つけやすいです。製薬会社は新しい薬の開発を進めています。新薬ができた時は、それを実際の医療の場で使って効き目を調べたり、副作用が出ないか調べなければなりません

 

これは重要なプロセスで、日本各地で治験が行われています。治験が実施されるのは普通の病院です。普通の病院に通院している患者さんの協力を得て、行われます。医師や病院のスタッフは病院の仕事があるので、薬の臨床試験に時間を割くことはできません。これらの人のかわりに、コーディネーターが仕事をします。

 

新薬を使う患者さんに薬のことを説明するのは、コーディネーターの大切な仕事です。新しい薬なので、それを使う人は不安を感じる場合があります。まれに副作用が出ることもあります。そういったことを、コーディネーターは丁寧に説明していきます。

 

看護師はコーディネーターに一番向いている仕事です。自分の仕事で患者さんに絶えず接しているので、治験の仕事をする時も自然な形で患者さんと向き合うことができます。薬についての知識も持っているので、それを分かりやすく説明して、患者さんの不安や緊張を小さくできるのです。

 

他の仕事としては、医師に治験の進み具合を報告したり、製薬会社に治験の結果を伝えることなどがあります。いろいろな人と接することになるので、きめ細かな心遣いと社交性が求められます。

 

この仕事は病院の仕事にくらべて、働きやすいメリットがあります。残業はたまにするだけです。夜勤は絶対にありません

 

原則として朝から始めて、夕方には仕事を終えることができます。規則的な勤務時間なので、家族をお持ちの方でも楽に働くことができます。他にもメリットがあります。都市部だけではなく、地方でも求人があるので、地方の方でも見つけやすい仕事なのです。このタイプの仕事は医療系の転職サイトで、簡単に見つけられます。

 

保健師への転職を考えてみる

 

もう一つ見つけやすいのは、保健師の仕事です。保健師の仕事の場合は、国家試験を受けて合格しなければなりません。これがハードルになりますが、きちんと勉強しておけば試験に通ります。合格率は80%以上なので、難関の試験ではないのです。

 

保健師の資格を取ることができたら、自分の働ける職場が広がります。公務員試験を受けて合格すれば、各地の保健所で働けるようになります。一般の企業の医務室で働く人もいます。地域包括センターのような福祉の施設で働くことも可能になります。

 

保健師の仕事は病気の予防が中心になるので、病院よりも負担が小さいです。病院の場合は深刻な症状の人がいたら、心理的な緊張が感が強くなります。亡くなる人もいるので、人に死に向かい合わなければなりません。残業や夜勤もあるので、体を壊してしまう人すらいます。

 

政府が病気の予防に力を入れているので、保健師の仕事の需要は高くなっています。試験があるので、すぐに保健師の仕事をできるわけではありませんが、選択肢の一つに入れても良いでしょう。

 

介護の現場への転職を考えてみる

 

介護の分野も看護師が転職しやすい領域です。この領域では、いろいろな働き方ができます。有料老人ホームや特別養護老人ホームで看護の仕事をするのが一番容易な方法です。

 

日本各地で募集されているので、このタイプの仕事はすぐに見つけられます。看護の仕事と言っても病院の仕事とはかなり異なっています。病院の仕事のように治療が中心ではなく、介護施設に入っている人たちの健康管理が主な仕事になります。

 

お年寄りなので急に病気になる人もいます。そんな時は治療行為が必要になりますが、そのような機会は少ないです。自分が担当するお年寄りの数も病院にくらべたら、少なくなっています。介護系の他の仕事をすることもできます。

 

ケアマネージャーへの転職を考えてみる

 

例えば、ケアマネージャーの資格を取れば、ケアプランの作成ができるようになります。ケアマネージャーは介護系の仕事の中では報酬が高くて、働きやすいです。この仕事でも病院で働いていた経験を生かすことができます。病院で患者さんに接した経験があれば、ケアプランを作るときにお年寄りと話をするのは難しくないでしょう。

 

看護の仕事の経験がある方は他の分野でも歓迎されます。病院の仕事が行き詰っていたり、不満を感じていたら、思い切って別の仕事を始めてみましょう。


関連ページ

看護師が転職時に抱える悩み
看護師は夜勤の多さや職業独特の責任の大きさから、転職も多い職業でもあります。そんな看護師の転職の際に、良く看護師が抱えがちな悩みについて詳しく解説しています。
看護師の転職とその希望先ランキング
看護師は命を扱うとも言えるような重大なプレッシャーを抱える仕事でもあります。そんな看護師が転職する際に、希望先となる順位をランキング形式で紹介しています。
看護師の転職回数はネックにならない
看護師という職業は、夜勤が多く給料は平均より高い場合が多いですが、業務のハードさから転職も多いです。しかし、そんな看護師の転職状況において、転職回数がネックになりずらいというその状況についてわかりやすく解説しています。
看護師の転職のタイミングについて
看護師は一般的にはどういったときに転職を決断するものなの?ここでは良くありがちな看護師が転職するタイミングについて、有りがちなケースを解説していきす。
看護師が転職をする時は志望動機を明確にすることが大切
看護師は転職が多い職種でもありますが、また転職も成功しやすい職種とも言えます。そんな看護師が転職する際に、成功するためには、志望動機を明確にすることが大事であるということについて解説しています。
看護師が面接時に聞かれる転職理由
看護師は他の職業と比較しても転職が少ない業種ではありません。そんな看護師の転職時の面接において転職理由が聞かれがちなこととその背景などを解説しています。
看護師の転職に適した時期とは
看護師は業務のきつさなどから、転職も多い職業でもあります。このような職種特有の背景もありますが、その転職に適した時期もあり、この転職時期がどのような時期なのかなどを解説しています。